本文へジャンプ
 

活動内容


理念・成り立ち

全国的に見られる遊休農地の増加や宅地化による農地の減少は、果樹栽培が盛んなここ長野県松川町でも深刻な問題となっています。
農地の減少は日本の食糧自給率向上を妨げる決定的要因となり、無秩序な開発は生産の妨げにつながるだけでなく、景観面でもマイナスになります。
「何とかしなければ」、という想いで、松川町の4件の農家が立ち上げた会社が「さんさんファーム」です。農地を借りて、養豚を行いその堆肥で果樹を育てる循環型有畜複合農業を目指しました。



       



       
   Copyright(c)2005-2010; sunsunfarm, All Rights Reserved. 
当サイト内の文章および写真の無断転用はご遠慮願います。